So-net無料ブログ作成
検索選択

トヨタが期間工の新規募集をやめていた [労働]

11/17付けの読売新聞より。
トヨタでは、期間工の新規募集の停止や、更新の抑制を、6月頃から行っていたそうである。

以前の記事の頃である。やっぱり、やっていたか、と言う感想。トヨタのメディアへの広告量が減ってきたら、雇用問題について、報道されうようになるだろうけど、広告量を維持していたら、あまり知られずに終わってしまうだろうな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

トヨタの成長の歯車が逆回転しだすか? [労働]

トヨタの業績の見込みが減収・減益になるようである。

普通ならリストラが行われるのであろうが、まあ、期間工の募集減や、派遣の雇い止め、下請け会社からの出向社員を戻す事で、リストラ自体はない事になるのだろう。
人件費を流動費にしてしまうのが、トヨタ生産方式の最大の特徴のようだから。

ただ、中京地区では、失業の問題がかなり大きくなるのではないかな。

一番痛いのは、下請け会社だと思う。トヨタに人を出す分まで雇っていたのが、それが帰ってきちゃうし、トヨタからコストダウンの要求はくるしで、泣きっ面に蜂の状態になるのではないかな。
でも、下請けでも契約社員のようないつでも首を切れる社員を雇っているだろうから、大した痛手にはならないのかな。

でも、愛知県では、日系ブラジル人とかの日系人の町ができていると聞くので、その人達がどうなるかが心配だ。彼らが期間の定めのない正社員になっているとは思えないし。

そんな人達が雇い止めになったら、色々問題が起きそう。

そうなると、トヨタの業績は、社会の負担の上に成り立っている事が、「見える化」されて、批判の対象になるかも。
つい、この間も、残業代をケチっていた事が明らかになったばかりだし。

この残業代も、グループ全体で考えれば、数百億円規模にはなるだろうし。結局、トヨタの利益って、人件費を削っていただけなのねとなるのかも。

こうなると、トヨタに不利な規制が色々と行われて、トヨタの成長のシステムが逆に足かせになるかも。
(そんなに、トヨタはやわじゃないかな)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

よけい手間がかかる電子申請制度 [労働]

第一種衛生管理者試験に合格した。

免許の申請をしようと、手続き方法について調べてみたところ、以下の3つの方法があるようだ。

  1. 窓口での手続き
  2. 郵送での手続き
  3. 電子申請制度を利用した手続き
「電子申請制度なるものがあるのか。面白そうだから利用してみよう。」と思い手続き方法の詳細を読んでみた。

読んでがっかり。電子申請よりも郵送の方がずっと手間がかからないのだ。
電子申請制度と言ったって、結局、プリントアウトした申請用紙に写真を貼って郵送しなきゃならないとは。誰だ、こんな制度を考えて、税金使ってシステムを構築したのは。税金を返せとつぶやいてしまった。

e-Japan構想で予算が取れるからと、作ったのだろうな。役人にとっては、便利かどうかなんか関係ないのだろう。天下り先を確保するためのネタでしかないのだろう。社会保険庁といい、本当に役人は...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。