So-net無料ブログ作成
検索選択

『天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話』を読んだ [本棚]

天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話

天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話

を読んだ。

なんとなく納得のいかなかった、効率的市場仮説やアクティブ運用の限界について、納得のいかない理由が判った。

投資市場をゲームのようなものと見た場合、効率的市場仮説の支持者は、投資をコイン投げのような完全に偶然に支配されるゲームに捉えてしまっている。それに対して、懐疑派は、麻雀のような、偶然にもある程度は支配されるが、プレイヤーの技量が影響する余地があるゲームと考えているのだと思う。どちらのゲームも平均をとれば、全てのプレイヤーは勝ちも負けもしないが、麻雀の場合は、かなりの確立で勝つ事ができるプレイヤーが存在しうる。

でも、麻雀には公開された必勝法は存在しえない。そんなものがあれば、全員がその方法を使い出すだろう。そうなったら、その方法で勝つ事はできなくなる。

効率的市場仮説の支持者は、そんな必勝法を示さない限り、自説を捨てないようだ。

この手の、研究や技術が、その対象に影響を与えてしまうような場合については、アイザック・アシモフが『 ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 ハヤカワ文庫SF 』で、心理歴史学の存在条件として、描いている。経済学者って、こんな事も分らないのか、と言う感想。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。