So-net無料ブログ作成
検索選択

手段としてのAjax、目的としてのAjax [コンピュータ]

結構、Ajaxの技術を使って、使い勝手のよいサイトが増えてきている。
最初に、コードを見たときには、実装が大変そうだから、世の中に広まるのは時間がかかるだろうと思っていた。でも、そうではなかった。ライブラリが公開されたりしているおかげなんだろう。

ストレスなくWebを利用してもらうために、Ajaxを手段として正しく使っている開発者も多い一方で、Ajaxが受けている理由もわからずに、ただ単にAjaxを使えばよいものが作れると勘違いして、今度の開発で使おうと考える人も多いようだ。

身近な現場では、Javaスクリプトを使って、非同期でアプリケーションサーバと通信して、DBも用意すれば、Ajaxでよいアプリが作れると思っているらしい。Javaスクリプトで複雑な処理を作るのが、工程内におさまるのかが問題なんだそうだ。それを聞いたときに椅子からころげ落ちそうになった。

大量のJavaスクリプトをダウンロードしてきたら、全然重いWebアプリの出来上がりではないか...
なんのためのAjaxなんだか全然理解していないようだ。すっかり、Ajaxを使う事が目的化してしまっている。

こういう現場も結構あるんだろうな...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。